【保障内容は要注意】がん保険を選ぶ時の給付金と保険の種類

「がん保険」を選ぶ際の注意点

一般的な保険と違う、がん保険には、選ぶ際にいくつかの注意点があります。
まず一つ目は、保険の種類です。
がん保険には、終身がん保険と定期がん保険の2種類があり、終身がん保険は契約時から保険料が変わりませんが、定期がん保険は、契約時の保険料が安い傾向にあるため、自分に合わせて決めると良いでしょう。
二つ目は、「がん診断給付金」というものです。
文字通り、がんになった際に給付されるお金なのですが、それが何回支給されるのか、また、上皮内がんであった場合でも、減額されることなく受け取れるのか、ということを確認することが重要です。
d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_l.jpg
さて三つ目ですが、もし入院となった場合についてです。
がんで入院した場合でも、日額給付金の額や、入院初日から支給されるかどうかというのは、保険の内容によるので、条件の良い保険を選びましょう。
そして四つ目は、通院時の給付金についてです。
入院しなかったり、また、入院が短期間だった場合など、通院の方が長くなることがあります。
その際、やはり気になるのは、保障期間でしょう。
もちろん、長ければ長いほど良いので、がん保険を選ぶ際に確認をしておきましょう。
以上、四つの点を注意して選ぶことで、多くのがん保険の種類の中から、自分に合ったものを選ぶことができるのではないでしょうか。