【上皮内新生物も備える】がん保険の診断給付金が複数回貰える条件

がん保険によって異なる診断給付金とは

ガンを患ってしまうと病状によっては治療が長引くことが多く、医療費も通常の治療よりも負担が重たいので保険に入られる際にはがん保険への加入をお勧めします。
しかし、がん保険は数多くの会社から販売されているので迷われる方も多いと思われるので、選び方のコツを説明したいと思います。
がん保険は次々と新しい商品が生まれていますが、全ての保険が均一という訳では無く保障の内容も大きく異なっているのです。そのため、不幸にもがんを患い保険金が支払われると思っていたとしても、支払われないケースもあるので注意が必要です。
がん保険の保障は主に5種類に分かれておりますが、診断給付金について抑えておきたいポイントを説明します。
診断給付金」とは、がんと診断された時点で支払われる給付金のことです。
1abb64728dd70ca88e715000d83a7e2f_s.jpg
診断給付金は入院や手術をしなくても支払われますが、いわゆる「がん」である「悪性新生物」以外にも、がん細胞が上皮までに留まっている状態の「上皮内新生物」も保障されるものを選ぶと良いと思います。
また、がん保険の中には診断給付金が複数回、支払われる商品もありますが注意しなければならない点があります。
支払われる条件が1度目の診断から2年経過以後にがん治療のために入院した場合に支払われるものや、2年経過以後の「新たながん」の診断確定が必要なもの、更には前回のがんが完全に無くなってから他の臓器に転移していることを証明する必要があるものなど、2回目の診断給付金が支払われるハードルの高さが異なっており、可能ならば2回目の診断確定が不要で1度目の診断から一定期間経過後にも、がん治療で入院すれば診断給付金が支払われる商品をお勧めしたいです。