【選択時のポイント】がん保険の診断・通院給付金の回数と金額の比較

がん保険選びのポイントは診断給付金の金額と回数

万一がんに罹患した時の為にと、がん保険に加入している人が多くいらっしゃいます。
日本人の死因のトップであるがんは、確かに2人に1人が罹患する可能性がありますが、年齢を重ねる毎に高まる確率であって、50歳までを例にすると、男性で「6%」、女性では「5%」というデータがあることからも、若い年齢の内から焦って備えてくてもということも言えます。
しかし、一度がんに罹患すると、再発や治療が長引き、治療費などが高額になる可能性が高いことは確かで、がんの治療には済的負担が大きいことが挙げられます。
その為、万一の経済的負担のリスクを最小限に抑える為の備えとして、多くの方ががん保険に加入しているは、当然な流れではないかと思います。
7335f76eec32f46de426af51d3c4d7ad_s.jpg
がん保険の内容は、治療の流れに沿って主に「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」「通院給付金」に分かれます。
がん保険特有の特約が、がんであると診断された時に受け取れる診断給付金と、通院日数に合わせて受け取れる通院給付金です。
入院給付金や手術給付金などは、色々な保険会社の商品を見比べても、そう大きな差がないものが多いので、診断給付金と通院給付金の受け取れる金額や、回数を比較し、更に掛け金とのバランスを考慮して選ぶのがポイントだと思います。