【加入すれば安心?】がん保険の入院保障と診断給付金の必要性

がん保障は安心のための保険

誰しもがんにはなりたくないものです。
保険会社のパンフレットやCMを見ると2人に1人はがんになると言われています。
自分は両親をがんで亡くしています。
自分もがんになるのではないかという不安はどんなことをしても拭えないのです。
そのためにあるのががん保険だと思います。
保障内容の充実はもちろんですが、お守りみたいな感じがあって加入していればがんにならないのではないかという気持ちがどこかにあります。
そんなことはないのですが、そう思いたいという願望に近いです。
自分は以前、外資系のがん保険に加入していましたが、現在は終身の医療保険にがん特約を付帯しました。
1dab9bcc1a5d51ac689c21d95eee653f_s.jpg
一ヶ所にまとめたほうが掛金も軽減できるし、給付手続きも一度で済むと思ったからです。
ただ、今の保障で万全とは思ってはいません。
最近はがんの治療も入院期間が短く、退院後通院しながら治療することが多いようです。
最近の保障はCMなどを見ると、退院後の通院保障や、収入保障などと付いているようです。
自分が加入している保障は通院保障もありませんし、働けない期間の保障もありません。
万全を期したいという気持ちはありますが、これ以上掛金を上げると継続が難しい。
結局、がんにならないのを祈るばかりということになりますね。