【がん保険は必要?】がん保険のおすすめ保障内容と選び方をご紹介

<がん保険の必要性>

がん保障は安心のための保険

1dab9bcc1a5d51ac689c21d95eee653f_s.jpg


誰しもがんにはなりたくないものです。
保険会社のパンフレットやCMを見ると2人に1人はがんになると言われています。
自分は両親をがんで亡くしています。
自分もがんになるのではないかという不安はどんなことをしても拭えないのです。
そのためにあるのが「がん保険」だと思います。

がん保険の選び方のポイント

がん保険選びのポイントは診断給付金の金額と回数

7335f76eec32f46de426af51d3c4d7ad_s.jpg


万一がんに罹患した時の為にと、がん保険に加入している人が多くいらっしゃいます。
日本人の死因のトップであるがんは、確かに2人に1人が罹患する可能性がありますが、年齢を重ねる毎に高まる確率であって、50歳までを例にすると、男性で6%、女性では5%というデータがあることからも、若い年齢の内から焦って備えてくてもということも言えます。
しかし、一度がんに罹患すると、再発や治療が長引き、治療費などが高額になる可能性が高いことは確かで、がんの治療には済的負担が大きいことが挙げられます。
その為、万一の経済的負担のリスクを最小限に抑える為の備えとして、多くの方ががん保険に加入しているは、当然な流れではないかと思います。

がん保険の注意点

「がん保険」を選ぶ際の注意点。

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_l.jpg


一般的な保険と違う、がん保険には、選ぶ際にいくつかの注意点があります。
まず一つ目は、保険の種類です。
がん保険には、終身がん保険と定期がん保険の2種類があり、終身がん保険は契約時から保険料が変わりませんが、定期がん保険は、契約時の保険料が安い傾向にあるため、自分に合わせて決めると良いでしょう。
二つ目は、「がん診断給付金」というものです。
文字通り、がんになった際に給付されるお金なのですが、それが何回支給されるのか、また、上皮内がんであった場合でも、減額されることなく受け取れるのか、ということを確認することが重要です。
さて三つ目ですが、もし入院となった場合についてです。

がん保険とは診断給付金

がん保険によって異なる診断給付金とは

1abb64728dd70ca88e715000d83a7e2f_s.jpg


ガンを患ってしまうと病状によっては治療が長引くことが多く、医療費も通常の治療よりも負担が重たいので保険に入られる際にはがん保険への加入をお勧めします。
しかし、がん保険は数多くの会社から販売されているので迷われる方も多いと思われるので、選び方のコツを説明したいと思います。
がん保険は次々と新しい商品が生まれていますが、全ての保険が均一という訳では無く保障の内容も大きく異なっているのです。そのため、不幸にもがんを患い保険金が支払われると思っていたとしても、支払われないケースもあるので注意が必要です。
がん保険の保障は主に5種類に分かれておりますが、診断給付金について抑えておきたいポイントを説明します。

おすすめのがん保険の保障プラン

私と妻が加入したがん保険

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s.jpg


私と妻が加入したがん保険についてその経緯などをご紹介したいと思います。
そもそも「がん保険」に加入したきっかけは家内の父親の大腸癌でした。
私も家内も30歳を迎えるにあたっていつがんになってもおかしくないということがわかったのでがん保険の加入を検討しました。